Funny Card Game (1166)

概要

UNO™ のようなカードゲームの問題.ディーラーは各プレイヤーに 5 枚ずつ配った後,残りの札のうち一番上の札を表に向けて場札とする(残りは山札とする).ディーラーの左どなりのプレイヤーから順に,場札と同じ印(スート)または値(ランク)のカードを出していく(出されたカードが新たな場札となる).出せるカードがないときは山札から 1 枚ひき,そのカードが出せるならばそれを出す.出せないならばそのまま次のプレイヤーに移る.

次のカードには特別な効果がある.

  • 6 : 次のプレイヤーは山札から 1 枚ひかされた上で飛ばされる.
  • 7 : 次のプレイヤーは山札から 2 枚ひかされた上で飛ばされる.
  • A : 次のプレイヤーは飛ばされる(山札からカードをひく必要はない).
  • Q : このカードを出したプレイヤーは次のカードのスートを指定できる.次に出されるカードはたとえ Q であっても指定されたスートでなければならない.
  • 8 : 次のプレイヤーは出せるカードが手に入るまで山札からカードをひき続けなければならない.
  • スペードの K : 次のプレイヤーは山札から 4 枚ひかされた上で飛ばされる.
  • Joker : ワイルドカード.任意のカードとして利用できる.

このようにしてカードをすべて出すことのできたプレイヤーから抜けていく.一番最後まで残ったプレイヤーのことをロシアでは Japanese Fool と呼ぶらしい(最悪).

ここで,ほかのプレイヤーが抜けて 2 人だけになった状況を考える.もし,6,7 のようなスキップ系のカードばかりならば,相手プレイヤーに 1 枚も出す余地を与えることなく勝てるはずである.与えられた手札に対して,そのような手順が存在するかどうかを求めよ.

解法

基本戦略は深さ優先探索でよい.

最後の 1 枚を除いて,出せるカードは 6,7,A とスペードの K の 13 枚と Joker(ただし前述の 13 枚のいずれかとして利用する)だけである点に注意すること.もちろん,たとえばスペードのカードを全部せしめている場合は,スペードのカードを場に出せば相手は確実に山札から 1 枚ひくことになるが,その場合はスキップ系でないカードが多すぎてうまくいかない.

わな

最初の場札が QDS で,手札が QH のときの答えは NO である.次のカードはスペードに限られているので.


Last-modified: 2009-11-06 (金) 13:25:51 (4088d)