2007/Contest/東京大会

Problem B : Prime Gap

問題概要

連続した素数 p と p+n の間の合成数の列 p+1, p+2, ..., p+n-1 を、長さ n の "Prime Gap" と呼ぶ。 (合成数の列の長さは n-1 だが "Prime Gap" の長さは n である)

与えられた整数 (<= 1299709) を含む Prime Gap の長さを出力せよ。
与えられた整数が素数の場合は 0 を出力せよ。 (三廻部; Nov 11, 2007)

解法

エラトステネスの篩などを用いて素直に素数を求めておき、与えられた整数の前後の素数を探す。あとはその差を求めればよい。 (三廻部; Nov 11, 2007)

議論・その他


ファイルを添付する

filemikurube_B.cpp 1334件 [詳細]
[添付ファイル一覧] [全ページの添付ファイル一覧]
アップロード可能最大ファイルサイズは 10,240KB です。

管理者パスワード:

添付ファイル: filemikurube_B.cpp 1334件 [詳細]

Last-modified: 2009-11-06 (金) 13:26:39 (5277d)